弱々しい髪から脱出!髪の毛を守る対策をしています!

髪は頭皮にある毛穴から生えています。

 

血流にのって頭皮の下にある毛包に栄養が行き渡って、新しい髪が育っていくのです。

 

だから、頭皮の血行をよくするということが、髪の健康を保つためには、欠かせないという事なのです。頭皮は、外からのほこりや花粉、整髪料といったもので日々汚れ、さらにその汚れを自分の皮脂で固めたといっていいような状態にあるといえます。

 

頭皮の汚れをしっかりと落すためには、毛穴がしっかりと開いた状態にしていく必要があります。

 

そのためには、血行改善が不可欠で、血行が良くなれば、髪に十分な栄養が行き渡り、豊かな髪が育っていきます。

 

 

髪はからだの一部であり、からだの内側につながっています。

 

健康な髪をつくるには、からだの内側からのアプローチも大切なことです。

 

バランスのとれた食生活が健康な美しい髪を育てるためにはかかせません。

 

髪は、その成分の9割がケラチンというたんぱく質でできています。

 

ケラチンは、血流にのって運ばれる栄養分を材料にしてつくられています。

 

ですから、育毛ということを考える際には、頭皮の血行をよくすることが重要視されますが、いくら血行が改善されても、栄養が不足していては、健康な髪が生えてくるはずがありません。

 

正しい食生活を送ることによって、バランスよく栄養を毛根におくりつづけることも大切な要素です。

 

発毛・育毛と美髪のための食生活のポイントは、髪の主成分であるタンパク質を十分に摂取することです。

 

 

 

髪には、その人の心身の健康状態が表れるといわれています。

 

髪は根っこのところで血管とつながり、血液を通して原料の供給をうけてつくられ、ホルモンにコントロールされて生えていますから、その人の生活環境や食習慣のありかたが刻まれ、からだの内側でおきている変化を知らせてくれるモニターのような機能があるといえます。

 

寝不足が続いたりして体調が良くない時には、ブラシの通りが悪かったり、髪のツヤがなかったりしますよね。

 

栄養状態のよい上質な血液がサラサラとした血流にのって豊富に供給されつづけることが、健全な発毛と育毛にとってもっとも大切なことだと言えます。

 

血液の質と血行に影響を与えるのは、食事だけではありません。

 

神経の働きや精神状態もまた、血の巡りに影響を及ぼしています。

 

心身をリラックスさせ、休息させるよう働きかける副交感神経が十分に働いているときに、髪に栄養がゆきわたり、育毛が促進されています。

 

過労や睡眠不足、過度のストレスなどによって、副交感神経の働きが鈍らないようここるがけることも大切なことです。

 

こうした髪とカラダのメカニズムを知ることで、髪とカラダのためにこれからしなくてはいけないことがみえてくるかと思います。