洗い流すトリートメントと、洗い流さないトリートメント

お風呂の中で髪のケアをする時に使っているトリートメント。

 

シャンプーをした後に毎日行っています。

 

たまに、美容院で購入して高価なトリートメントを週に1回行う時もありますが、これまではほぼ毎日シャンプー後にするトリートメントのみです。

 

しかし先日美容院へ行った時、美容師さんから洗い流さないタイプのトリートメントを勧められました。

 

以前、一度だけ購入して使用した事がありましたが、お風呂上りに何か髪に付けるという行為が合わず、結局すべて使い切らずにやめてしまいました。

 

また、何だか髪がベタついている様な感じがしたのも中止してしまった原因の一つです。

 

洗い流すタイプのトリートメントと、洗い流さないタイプのトリートメントはどんな違いがあるんでしょうか。

 

洗い流すトリートメントは、
シャンプー後、じっくり時間をかけて浸透させ、髪の内部へ栄養補給をする。

 

洗い流さないトリートメントは、
髪の栄養補給と、ドライヤーなどの刺激から守ってくれる働きがある。

 

洗い流さないトリートメントは紫外線やドライヤーの熱から髪を守ってくれる働きがあるので、入浴後のドライヤー前に付けるといいんですね。

 

綺麗な髪を手に入れるために、これからは併用して使って行きたいと思います!

関連ページ

睡眠と髪の毛の関係とは?
髪の毛は睡眠と深く関わっているようです。頭皮は肌の一部で顔と一枚の皮で繋がっているだけなので顔色が悪くなるのと同様に頭皮の環境も悪い状態になってしまいます。
はちみつで髪を洗うといいの?
はちみつは髪の毛に良い効果をもたらしてくれるようですね。とくに保湿効果の効果がバツグン!どんな風に使用したらいいかを紹介しています。
トリートメントの効果的な使い方とは?
普段あまり深く考えずに、つけて数分おいてから流して使用しているトリートメント。でも理想の使い方というものがあるので紹介します。